FreeBSDのpowerdで省電力と動作効率の向上を設定する

人気ブログランキング

にほんブログ村

FreeBSDをインストールする際、以下のように追加サービスの選択が求められる。


ここで「powerd」を有効にしておくと、システムの状態を監視し、CPUの負荷に応じて消費電力を節約したり、パフォーマンスを向上させたりすることが可能となる。

しかし、powerdを有効にしただけでは標準設定の状態で稼働するため、自分が使用するPCに見合った設定に変更する必要がある。

ちなみに標準設定について、powerdの説明書きには以下の通り示されている。
「標準モードは、バッテリー電源の場合にはadaptive、それ以外の場合にはhiadaptiveが適用される。」

各種オプションの詳細説明は以下から参照できる。
https://man.freebsd.org/cgi/man.cgi?powerd

または
$ man powerd

自分の場合は、省電力を重視しつつ状況に応じてパフォーマンスをバランス良く向上させる「adaptive」に設定する。

# ee /etc/rc.conf

インストール時にpowerdを有効にしなかった場合は以下を記述する。
powerd_enable="YES"

その下にadaptive設定を適用するべく以下を記述する。
powerd_flags="-a adp -n adp"

さらに、CPUを低電力状態とするべく以下を記述する。
performance_cx_lowest="Cmax"

注:使用PCがバッテリー電源の場合は以下を記述する
economy_cx_lowest="Cmax"

保存する。

powerdサービスを再起動する。
# service powerd restart

CPUの動作周波数を確認してみる(自分のPCは最低値が1700)
% sysctl dev.cpu.0.freq
dev.cpu.0.freq: 1700

CPUの負荷状況に応じて数値が変化する。
% sysctl dev.cpu.0.freq
dev.cpu.0.freq: 2400

最高で3700まで上昇した。
% sysctl dev.cpu.0.freq
dev.cpu.0.freq: 3700

人気ブログランキング

にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

FreeBSDを14.0にアップグレードした後で気付いた異変&mixerコマンドのオプションが変更されていた件

FreeBSDで音楽プレーヤーのcmusに通知機能を追加する

FreeBSDでUSBメモリに入れた音楽ファイルの再生順を元の順番に並び替える(曲順のバラバラを解消する)方法